RAYONEX

レヨネックス社レヨコンプならベレンクラフト

レヨコンプ デュープレックス チャクラオープナー 新ミニレヨネックス 新ELOレイエックス

商品カテゴリ

HOME»  ジオパシックストレスの影響と場所について

ジオパシックストレスの影響と場所について

多くの方が体調不良の原因を疲労やストレスだと考えますが、もしかしたらジオパシックストレスが原因かもしれません。こちらでは、ジオパシックストレスの影響と場所の特徴について紹介します。

ジオパシックストレスが人に与える影響

ジオパシックストレスがある場所は、その土地に悪い影響を与えると考えられています。人にも悪い影響を及ぼし、体調不良の原因を調べるとジオパシックストレスが原因だったということも少なくありません。

ジオパシックストレスがある場所で過ごすことで、不眠症や肩こり・腰痛、うつなどの症状が現れる場合があります。ジオパシックストレスの影響は慢性的に体に蓄積され、少しずつ心身を弱らせていきます。体調不良が改善されない場合は、一度ジオパシックストレスを疑ってみるとよいでしょう。

ジオパシックストレスがある場所を知る

ジオパシックストレスがある場所は生態系に影響を与えます。下記のような現象が起きる場所はジオパシックストレスがある可能性が高いです。

  • 草木が生えにくく、育てても枯れやすい
  • 蟻や蜂の巣が多い
  • コンクリートやアスファルトのひび割れができる
  • 湿っぽく、カビが生えやすい

また、生き物の行動も判断する材料の一つです。犬はジオパシックストレスがある場所を避け、猫は近づきます。また、つばめはジオパシックストレスがある場所に巣を作ることはしません。周辺を観察し、条件が当てはまる場合は、ジオパシックストレスがある場所の可能性があります。

ベレンクラフトでは、住空間調整器や波動測定器の販売を行っています。販売している住空間調整器「デュープレックス」は、ジオパシックストレスが人に与える影響を波動で中和します。ジオパシックストレスが気になる方は、ぜひ、住空間調整器をご利用ください。また、ベレンクラフトでは電磁波とジオパシーの測定・対策相談サービスを行っており、交流電場や交流磁場高周波・マイクロ波などの測定の依頼を承っています。 疑問点などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。