RAYONEX

レヨネックス社レヨコンプならベレンクラフト

レヨコンプ デュープレックス チャクラオープナー 新ミニレヨネックス 新ELOレイエックス
何を買えばよいのかわからない方へ

 

商品カテゴリ

おまとめセット
10,000円以上お買い上げで送料無料

 


上記をクリック後FAX用紙が表示されましたら、
右クリック→【印刷】ボタンを押してください。

HOME»  地球放射線(ジオパシックストレス)とは

地球放射線(ジオパシックストレス)とは

パウル・シュミットは40年以上前から周波数の研究をしていましたが、そのきっかけになったのが地下の水脈や断層などの刺激帯でした。
原因がわからない体調不良を訴える人を調べてみると地中からの放射=特定の周波数を持った波動が原因となっている場合がよくあります。

身体が放射に反応している例として、太陽の光があります。
太陽の光は非常に振動数の高い波であり、1秒間に何兆回も振動します。
ところが、想像を絶するこの細かい振動を私たちの身体は受け入れ、反応しているのです。
太陽の光の振動が皮膚に届くと茶色に日焼けします。
つまり皮膚に受容体があって、それが太陽の特定の波長をもった光を受け入れて反応を起こしているのです。
また太陽の光を浴びることによって、ビタミンDが生成されます。
このように放射=特定の周波数をもった波が身体に入ると何らかの作用を生じ、生体に様々な影響を及ぼします。

身体の内外を流れる微細なエネルギー=「気」のバランスをとり、流れの滞りを解くバイオレゾナンス・メソッドは、ドイツでは振動医学という範疇に入りますが、振動医学の中で最も重要なものがジオパシック・ストレスです。
これは地面の下の水脈や断層から放射されている波動がヒトや動植物にとって健康障害の一因になるということです。
特に日本の場合には地震が多く、断層や亀裂が生じていることは想像に難くありません。
また四方を海で囲まれ、雨の多い日本では、地面に流れている水が地表に入り水脈となってこれが地上にマイナスの影響を及ぼしています。

水脈、断層、地面の亀裂、洞穴、刺激帯の碁盤目のような、地面下にある障害帯域は固有の振動を持っていて、その強さに応じて人間や動植物に負荷をかける形で影響を及ぼしています。
特に刺激帯が層を成して重なっている処では、このような状況が顕著に現れます。

断層

地面からの身体に負担を与える振動は10~20の異なった波長と強さを持っています。
いくつもの振動が集中している場所では一つ一つの波を除去しなければなりません。
永久磁石を同極に対向させて碁盤目の刺激帯上に置けば、その電磁誘導によって刺激帯の影響を取り除けるでしょう。
しかし、その場合には刺激帯の位置を正確に突き止めて、永久磁石を正しい方向に設置することが必要です。
碁盤目はいつも定位置にあるわけではなく、例えば遠くで地震が起こっても大きく変動します。
せっかく固定した永久磁石は役に立たなくなります。

障害交差点・広域碁盤目と水脈、断層に共通している22.00~24.75の振動数は、ヒトの細胞構成要素(細胞核、糸粒体、中心粒、染色質、リボゾームなど)の振動数と一致しています。
ヒトの細胞レベルに影響を及ぼす地面からの振動はデュープレックスで取り除くことができます。

障害帯域とその共鳴周波数

障害帯域の特徴と測定

  1. どの障害帯域も一つの周波数から成っているのではなく、複数の周波数、つまりスペクトルを構成しています(上図)。
  2. 障害帯域を通じて環境に影響を及ぼす周波数は、水脈と断層においては強いマイナスの極性を有しています。
    即ち、強く減成し、変性に向かう影響をもっています。
    広域碁盤目の周波数ではその極性が交互に変わります(下図)。
  3. 水脈と断層は、周波数レンジがたとえば22.00~24.75であり、その範囲にはたくさんの共鳴周波数が存在します。
  4. すべての障害帯域には22.5が共通して存在します。
  5. 個々の障害帯域に特有の周波数を調べてみますと、46.5は広域碁盤目だけに、64は水脈だけに、14は断層だけに見られる周波数です。

広域碁盤目の図式

バイオレゾナンス測定器~レヨメータPS10を使った測定

バイオレゾナンス測定器~レヨメータPS10を使った測定

レヨメータPS10を使って、例えば布団やベッド周りの障害帯域を測定するには、まず22.5にセットして、レヨテストをディテクタと床の間にホールドします(下図、写真参照)。
共鳴があると、つまり、レヨテストがディテクタと床の間を垂直に(上下に)振れると、そのポイントには障害帯域が存在します。
障害帯域の類を特定するには、PS10を例えば46.5(広域碁盤目)にセットして同じポイントで測定します。
共鳴がなければ、広域碁盤目ではないことになります。
その場合は、64(水脈)、ないし14(断層)で改めて測定します。
お勧めしたいのは、布団、ベッド周り、または部屋の周りをまず22.5で測定し、その結果をスケッチにします(下図)。
続いて、各々の障害帯域に特有の周波数で、その種類を突き止めます。
この方法ですと、Lロッド(2本のL形ロッド)の経験がない人でも、素早く正確に障害帯域を見つけられます。
さらには、この方法ですとPS10が必要な周波数を発生させるので、測定者の負担がずっと軽くなります。
また、ジオパシックストレスを除去する措置を講じたあとの確認も、この方法で確実に行えます。
上の表をご覧いただくと、広域碁盤目、水脈、断層ともに22.00~24.75の範囲において数多くの共鳴周波数が確認されています。
この周波数レンジは、ヒトの細胞構成要素の共鳴周波数と一致しますから、ジオパシックストレスが人間に負荷を与えることが分かります。

註)周波数は、有効数字として例えば22.5であって、実際には22.5KHz、225KHz、2.25MHz、22.5MHz、あるいはそれ以上の単位を意味します。

バイオレゾナンス測定器でジオパシックストレスを測る

地球放射線(ジオパシックストレス)はデュープレックスで中和、除去できます。