RAYONEX

レヨネックス社レヨコンプならベレンクラフト

レヨコンプ デュープレックス チャクラオープナー 新ミニレヨネックス 新ELOレイエックス
何を買えばよいのかわからない方へ

 

商品カテゴリ

おまとめセット
10,000円以上お買い上げで送料無料

 


上記をクリック後FAX用紙が表示されましたら、
右クリック→【印刷】ボタンを押してください。

HOME»  パウル・シュミットのバイオレゾナンス・メソッド

パウル・シュミットのバイオレゾナンス・メソッド

レゾナンス(共鳴)の概念は技術分野においては、よく知られています。
建物や橋をはじめ、あらゆる物体そしてヒトの身体も固有の振動を持っています。
それに対して別の所から同じ周波数の振動が来ると、この2つの波は共鳴します。

例えば、音叉はある特定の周波数に同調されています。
音叉自体はエネルギーを持っていないので通常は振動しません。
しかし、近くにもう一つ同じ周波数の音叉があった場合、これを叩くと初めの音叉も同様に振動を始めます。
つまり、レゾナンス(共鳴)が生じたのです。

レヨネックスの創始者であるドイツのパウル・シュミットは動物、植物をはじめ、有機・無機の物質が有する振動を0~100までの周波数として数値化しました。
彼が開発した振動測定器レヨメータのダイヤルをセットすると、希望する周波数の振動が発生します。
ディテクタを使って、測定したい物体とレヨメータの間にレゾナンスが起きるかどうかを見ます。
ヒトの場合も「気」の流れが滞っていたり、ブロックされている箇所があれば、その周波数を突き止め、さらにレゾナンスを通じて波動調整(気の流れの滞りやブロックを取って、気のバランスを図ること)することができます。
例えば、太陽の光を浴びて快く感じるのは、太陽光線による波動調整が身体の中で行われているからです。

ドイツの理論物理学者マックス・プランク(Max Planck、1918年熱放射の研究によりノーベル物理学賞)は次のように言っています。
 

全ては振動であり、その影響である。
現実には何の物質も存在しない。
すべてのもの、各々のものは振動から構成されている。


レヨメータは医療機器ではありません。
また、ここで述べていることは現代の科学では認められていません。