RAYONEX

レヨネックス社レヨコンプならベレンクラフト

レヨコンプ デュープレックス チャクラオープナー 新ミニレヨネックス 新ELOレイエックス
何を買えばよいのかわからない方へ

 

商品カテゴリ

おまとめセット
10,000円以上お買い上げで送料無料

 


上記をクリック後FAX用紙が表示されましたら、
右クリック→【印刷】ボタンを押してください。

HOME»  波動的に中和とは?

波動的に中和とは?

電磁波や水脈、断層から放射される波を身体が受けると、身体にとってはそれが負担、ストレスになり「気」の流れが滞ります。
気の流れの滞りは波動測定器レヨコンプで測れます。電磁波の負荷を身体が受けた時、気の滞りを測りますと99.5、22.5、40.0、77.5、78.5、89.5の6つの周波数(これは電磁波そのものの周波数ではなく、「気」の周波数=レヨコンプの目盛りです)で共鳴が見られます。この時に続けて共鳴させておくと滞りが解けます。
 
また、上記6つの周波数値はマイナスの極性を持っています。電気製品から発生する電磁波が身体に到達しようとするときに、電気製品と身体の間にE-SmogレヨネータやELOレイエックスがあると、そこからはプラスの極性の波が出て、プラスマイナスゼロの状態になります。このプロセスを「波動的に中和する」と言っています。
 
以上は私たちが理解していることですが、これは現代の科学では認識されていません。
また、デュープレックス、E-Smogレヨネータ、ELOレイエックス、TVレイエックスは電磁波などを遮蔽したり、カットするわけではありませんので、これらの商品を置く前と置いた後の電場、磁場を、科学に基づいた測定器で測っても違いは認められません。